子どもが生まれるとセックスレスになる夫婦の割合

妊活サプリ

 

自分たちの遺伝子を受け継いだ大切な子どもが生まれると、家族の絆が深まる一方で夫婦には新たな問題が立ちふさがるようになります。

 

それはずばりセックスレスで、出産後半年以上夫婦でセックスをしていない人の割合は何と4割以上にも上ると言われています。

 

日本はもともとセックスレス夫婦の割合が多いことでも有名ですが、特に出産を終えた後はこの傾向が顕著に見られるのです。セックスレスは、妻が嫌がる場合や夫がその気にならないケース、はたまたその両方など様々な原因が考えられるのですが、その状態のまま放置していると愛情が冷めたり双方の浮気を招いてしまうなど、家庭崩壊につながってしまう危険もあるので注意が必要です。

 

なぜセックスレスになってしまうのか、妻と夫それぞれの事情や原因を考えて夫婦でよく話し合うことが大切です。せっかく大切な子どもを無事授かったのですから、互いに思いやりを持って話し合いを進めておくようにしましょう。

子どもが生まれてから性欲が減退する夫の原因

子どもが生まれると、夫が産後の妻に対して性欲が湧かなくなるという話をよく耳にします。

 

これはやはり外見に起因することが多く、妻が毎日慣れない子どもの世話に追われて自分の身支度などに構っていられなくなってしまうため、女性として見られなくなってしまうという問題が挙げられます。

 

髪の毛のセットやメイクどころか、朝起きてパジャマから着替えすらしなくなってしまう妻を見ていると、子どもを育ててくれている感謝を感じると同時に性的な相手として魅力を感じなくなってしまうのです。

 

特に出産する瞬間に付き添って一部始終を目撃してしまった夫にその傾向が強いとも言われており、女性というより母親になってしまった妻に対して性欲を感じられなくなってしまうことが原因の一つだとされています。

 

もちろん性欲が無くなったからといって愛情が失われてしまった訳ではないので難しいところですが、妻の育児に余裕ができ、身支度やメイクを元通り綺麗にできるようになればセックスレスが解消されることも多いです。

子どもが生まれると夫とセックスしたくなくなる妻の原因

産後のセックスレスの大きな原因は、やはり妻が全くその気になれないということが挙げられます。

 

昼も夜もなく泣き続ける赤ちゃんを世話していると、とにかく空いた時間は1分でも眠りたいと願うようになります。

 

しかも産後はホルモンバランスが大きく変化し、赤ちゃんの世話に集中するために性欲をほとんど感じなくなってしまうのです。

 

自分の意志とは関係なく脳や身体がそのような状態に変化してしまうため、セックスを求めてくる夫に対して嫌悪感しか持てないようになってしまうのです。

 

出産後は数ヶ月膣が痛みを感じることもあるので、そのせいでセックスをあまりしたくないと感じてしまうなど、様々な要因が重なってセックスレスになってしまうケースが多いです。

 

育児が落ち着き、ホルモンバランスが元通りになってくれば性欲が戻ってくることもあるので、焦らずその時期を待つことも大切です。夫から責められたり自己嫌悪に陥って悪循環になってしまうこともあるので、夫は思いやりを持って接してあげましょう。

セックスレスだけれども2人目がほしい時はどうする?

このように様々な原因でセックスレスに陥ってしまった場合、困るのが2人目の赤ちゃんを望んでいる場合です。

 

セックスはしたくないものの、年齢などの問題ですぐに次の子供が欲しいというケースもあります。このような場合は、思い切って婦人科などに相談してホルモンバランスをと整える薬などを処方してもらうという選択肢もあります。

 

また、基礎体温などを付けて排卵日をできるだけ予想し、その時期に合わせて短期集中型のセックスを頑張るという方法もあります。

 

排卵日に合わせれば、できるだけ少ないセックスで2人目の赤ちゃんを授かることができる可能性が高まるので、タイミングをしっかり図ることが大切です。

 

いずれにしても、赤ちゃんのためだけにセックスを行うというのは夫婦にとって精神的にプレッシャーになってしまうことも多いので、事前に二人でよく話し合い、意思の疎通をしておくことが重要となります。

 

最初は赤ちゃんのためでも、回数を重ねるごとに自然とセックスレスを解消できるケースもあるので頑張りましょう。

 

また、2人目を計画中であれば早めに妊活サプリを夫婦で飲むようにしましょう。

 

ママは1人目のお世話で栄養不足に陥りがちです。2人目を授かれる体力作り、食事管理をしっかりしましょう。

妊活サプリならこちら!

妊活サプリ