ハードルが高い高齢出産に向けた妊活(現在妊活中)

女性が自然妊娠できる確率は周知の通り40歳を過ぎると急激に低くなっていきます。

 

私は今年そのデッドライン手前の39歳を迎えるため、相当のプレッシャーを感じながら日々過ごしています。

 

生理が来る度に、打ちのめされた気分になる時もあれば”まだまだ、諦めるには早い”とポジティブ思考になれる時もあります。

 

晩婚化が顕著となっている昨今では、子供は欲しいけれども、これまで通りのライフスタイルを維持し、妊活を進めるたいのは、首都圏に在住している働く女性達の想いではないでしょうか。

 

私の場合、同棲中は子供が欲しい気持ちはさほど強くなかったのですが、結婚後、愛する人と一緒に生活を営んでいく過程で気持ちに変化が現れ、今は子供が欲しいと思っています。

 

具体的な妊活動は、大したことではなく、巷でありふれている妊活情報をネットで調べ、基本の基礎体温を計る事からはじめました。本腰になったのは、昨年末辺りからです。

 

余談ですが、主人はバツイチで前妻との間に1子(女児)がおり、親権は前妻に渡ったので、私は後妻ではありますが、再度お義母さんに、孫を抱いてもらいたいという気持ちが、妊活を後押ししています。

 

妊活の障害となっているのは、私の体質です。かなりの末端四肢の冷え性の為、夏場でも冷房が効きすぎている職場内では腹巻をして仕事をしたり、ショウガ関連のお茶を飲んだり、とにかく体の内側、内臓を温める事も意識しながら、現在も妊活を進めています。

 

スマホも活用して、排卵日が把握できるアプリをダウンロードし、セックスをした日、生理開始日〜終了日、基礎体温を記録していいます。

 

同棲1年半、入籍して1年3カ月経ちますが、まだ我が家にコウノトリは訪れてくれません。

 

共働きなので、お互い不規則な勤務をしながら、性生活を維持する事に最初は困惑しました。衝突もありました。

 

女性の場合、家事と仕事を両立し、夜は妊活に励まなければならないと、体力的にしんどいこともありますよね。

 

夫婦間でもギスギスした空気になる日もあるのですが、忍耐強く、妊活に励もうと思っています。

 

妊活サプリならこちら!

妊活サプリ