高齢妊活記!私はまさにアスリート!?

妊活という言葉が周知されるようになったのはここ最近ですよね。この言葉がもっと早く流行していたら、高齢出産の女性が苦しまずに済んだのに…。

 

私は10年前に結婚し、子どもが二人います。初めての子は、結婚式翌日の新婚旅行で授かりました。

 

新婚生活が妊婦生活でしたので、夫婦で旅行もできず控えめな生活を送っていました。

 

出産後は経験したこともない目まぐるしい生活に追われるので、なかなか自由な時間が取れないことにストレスを感じ、二人目妊娠にはとても消極的になっていました。

 

また、妊娠はすぐにできるものだから数年先でも大丈夫!と、勝手に思い込んでしまったのです。

 

二人目妊娠を意識するようになったのは、子供が幼稚園へ登園するようになってからでした。

 

通っていた園は、兄弟がたくさんいるご家庭が多く、あまり一人っ子家庭はいませんでした。

 

兄弟で喧嘩している姿や仲良くお菓子を分けあっている姿をみるうちに、だんだんと二人目妊娠への願望がでてきました。

 

でも、今の身体ではきっと妊娠はできないだろうし、出産後の体力もないだろうなと弱気の自分がその頃にはいて、そういう時って不思議なもので妊娠ってしないんですよね。本当に妊活頑張るぞ?と覚悟を決めた時、ダラダラ生活脱出と同時に、第2子を授かることができました。

 

では、どんな妊活をしたか?私の場合は、低血圧で体温が低めな体質なので、まず体質改善を心掛けました。

 

毎日、野菜中心のバランスの良い食事をなるべく自分で料理し、体温上昇や熟睡できるようにウォーキングを毎日1時間ぐらい行いました。毎朝起床時に基礎体温をつけることで排卵日を予測し、もちろん主人にも協力してもらいました。その結果、妊娠できたのです。

 

あの頃の私って、まるでアスリートみたい。強くて逞しかったなと感心してしまいます。

妊活サプリならこちら!

妊活サプリ