一喜一憂しすぎと言うほど基礎体温とにらめっこ

私は結婚して一年経った頃から、妊活を始めました。その前に、妊活を始める前の段階の準備として行なったことがあります。まず半年前には風疹の予防接種を実施。

 

また、乳がんと子宮がんの検診を受けました。

 

それ以外には、生理不順の治療のために、婦人科で低用量ピルの処方をしていただいていました。そのおかげもあってか、いざ妊活を始めようというときにピルの服用を止めましたが、低温期14日間、高温期14日間の安定した28日周期で、妊活をするにあたって、非常に助かりました。

 

妊活開始して、まずは基礎体温表をつけることにしました。

 

インターネットで他人が妊娠をしたときの基礎体温表、妊娠しなかったときの基礎体温表を見て、自分の表と見比べてみたり、生理予定日付近になると、何度も体温を測り直し、せっかく高温期が続くかと思いドキドキしては、ガクンと下がって落ち込んだりと、一喜一憂の日々でした。

 

そんな調子で3周期空振りに終わり、ちゃんと排卵されているか不安になってきました。

 

その時の年齢は32歳。もっと早く結婚して、もっと早く妊活を始めていればよかったかもしれないという焦りを感じつつ、市販の排卵検査薬を使用してみることにしました。

 

どうやら排卵はされているようで一安心でしたが、その後も2周期生理がきてしまい、次も駄目だったら婦人科に行ってみようと思っていました。毎日基礎体温表とにらめっこ。生理がくるたびにこんなに落ち込むものなんだと知りました。

 

結果的に次の周期で異様に高い高温期が続き、生理予定日を一週間過ぎたあたりで妊娠検査薬が陽性となりました。

 

受精することも奇跡、着床することも奇跡、元気に生まれてきてくれることも奇跡。妊娠、出産は、様々な奇跡の積み重ねであると思いました。

妊活サプリならこちら!

妊活サプリ