共働きによる時間のすれ違いを埋める嫁の努力

結婚して2年目で、私はそろそろ仕事が5年目で辞めてもいいなと思う頃になりました。主人の親がとにかく孫の顔が見たいと会う度に言っていたので、考えてもいいかなと思うようになりました。

 

主人に話すと、転勤があるかもしれないからと思っていたけど、転勤はまだ数年先になりそうだからいいタイミングかもねという話になりました。

 

しかし、私は仕事が不規則な時間で、彼は残業も多いのでなかなか時間が合いません。帰ってきてもお互い疲れてそんな気分にはなかなかなれないような状況でした。

 

そんな中、仲良しの友人がどんどん妊娠していって、私は焦るようになっていました。主人と子作りの話をしてから3ヶ月経っても、片手の指で数えられるほどしか子作りができていなかったのです。

 

子作りの行為をしたとしてもすぐにできるとは限らないのに、と思うと少しイライラするようになりました。

 

これはダメだと思い、私はなるべく彼の時間に合わせるようにしました。休みも合わせるようにして、休みの日の前日は早めにお風呂に入って子作りをするようにしました。

 

彼がその気になるよう、寝室も雰囲気を変えたり、私もコロンをつけたりするようにしていました。食事も気をつけて子作りに良い食材を使ったり、精力のつくものを考えて作ったりするようにしました。

 

そうして子作りを始めてから7ヶ月して、子供ができたのです。とっても嬉しかったです。私は妊娠を機に、仕事を辞めました。家族に報告すると、私の親も夫の親も大喜びしてくれたのでとても幸せな気持ちになりました。

妊活サプリならこちら!

妊活サプリ