5歳になってもおむつが外れない息子に焦りを感じた

5歳の息子についてです。

 

息子は、5歳になってもオムツが外れませんでした。

 

幼稚園の同い年の子は、オムツをしていない子がほとんどでした。

 

私の息子だけオムツをしているとなると、恥ずかしい気持ちもあり、早くオムツを卒業させなきゃいけないという気持ちでいっぱいでした。

 

また、一人でトイレに行くことができませんでした。

 

なぜ一人でトイレに行けないかというと、「失敗するのが怖いから」と、息子は言います。

 

一度、トイレに着いてきてほしいと言われても、絶対に行かない手段を取ると、大泣きをされてしまい、私がいつも使用しているガラスのコップを割られてしまいました。

 

息子がコップを割ったとき、私は精神的にまいってしまい、「疲れた。もう知らない。」と思いました。

 

そこで、同い年の子供をもつ友達に、息子のオムツのこと等について、相談をしました。

 

友達は、「あまり焦らなくていいと思うよ。」というアドバイスをくれました。

 

私は、友達に相談をしたせいか、気持ちが少し楽になった気がしました。

 

振り返ってみると、私は過去に、息子に暴言を吐くこともあったので、息子が悪いのではなく、自分にも責任はあると改めて感じました。

 

息子には申し訳ないことをしたと思いました。

 

次の日から、息子がトイレに行くときは、私が毎回見守りをして、1ヶ月以内にオムツを外せるように目標を立てました。

 

息子も「頑張る!」と言ってくれました。

 

そして、最終的にはオムツが外れました。

 

息子が頑張ってくれたおかげです。

妊活サプリならこちら!

妊活サプリ